痩せる薬を買うなら くすりエクスプレス

副作用と表裏一体のフェンフェン

副作用と表裏一体のフェンフェン

メイヨー・クリニックの発表は肥満治療のためのダイエット剤を必要としている患者に余計な不安を与えるもの。
現在、成人の35パーセントは不健康と指摘できるほど体重過剰に悩んでいます。肥満は年間30万件の脂肪に何らかの関連があるとされています。

 

こうした肥満研究者からのコメントを報じました。そこには肥満研究者に対してこれらの薬に対する質問と回答がありました。

Q フェンフルミランとフェンタミンは安全ですか?

 

A 医薬品には副作用がつきもの。フェンフェンも例外ではありません。FDA自体は心臓の障害とフェンフェンの関連はわからないとしています。さらに研究が必要と指摘しています。また、フェンフルミランの製造元、ワイス・アヤースト製薬は心臓弁に障害を持った患者の服用量が規定量を上回っていたためではないかと答えています。

 

Q ほかに考えられる副作用はありますか?

 

A フェンフラミン、デクスフェンフルラミン、などのダイエット薬は、本当にまれです。原発肺高血圧症などの肺機能障害に関連する事例が報告されています。そのほかにむかつき、口の渇き、眠気があります。

 

Q フェンフェンは飲み続けなければなりませんか?

 

A 危険性を上回る効果がある場合、医師との相談の上服用を続けることが進言されています。

 

Q 体重減にどのくらいの効果があるのですか?

 

A 処方箋をかく医師によると、患者により違いがありますが、元の体重の10%から15%の減少が期待できます。食事療法と運動を加味すると、それ以上の減少も可能です。

 

Q フェンフルミランとふぇんタミンはFDAの認可を受けていますか?

 

A それぞれ20年ほど前、肥満患者の短期治療用として認可されています。また、1992年2つを一緒に使用するとさらに効果が上がるという研究結果が発表されて以後、医師らは広告通り処方箋をかくようになりました。法律的には問題はありませんが、FDA自体の認可は受けていません。

 

Q デクスフェンクルラミンも心臓弁に障害を起こすのでしょうか?

 

A 今のところ関連付ける研究発表はされていません。

 

Q フェンフェンとデクスフェンフルラミンはどのように作用するのですか?

 

A 脳内物質のセロトニン値を上げ、満腹感を与えます。

 

Q ダイエット剤を使用するのはどんな場合ですか?

 

A 標準体重を30%オーバーしているか、20%オーバーで糖尿病、高血圧症などの質謬に患っている場合です。

 

Q 保管どんな痩せる薬が登場するのでしょうか?

 

A 食品支部の吸収を防ぐクセニカル。これはFDAの小委員会が承認。当局の認可を待つのみです。脳内物質を刺激し、満腹感を与え、代謝をたすけるメリディアもFDAの認可待ちです。さらに、今後10年のうちに代謝を促し蓄積脂肪を燃やすのなどの作用が来た気できる数種のダイエット剤の開発が予定されています。